特定非営利活動法人NPOソーシャルサポート相談室なでしこ

ホームへ
高齢者サポート
子育て支援
NPO法人概要
掲示板高齢者サポートなでしこ相談
掲示板子育て支援
お問い合わせ
HOME > なでしこ通信 > なでしこ通信−3月−
バックナンバー(過去のページ一覧へ)

高齢者サポートなでしこ通信毎月楽しいイベントや催し等を行っております。

・なでしこサロン−参加費無料。 昼食は、400円です。
・ボール体操−講師料 500円
・ヨガ体操−講師料 500円
・なでしこコ−ヒ−1杯 50円
高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物 カレンダーなでしこ通信今月の催し物 高齢者サポート なでしこ通信今月の催し物
2012年 3月
27
28
 
29
 
 
 
1
春の絵を完成
10時〜12時
福岡悠友クラブ
2
 
 
 
5
 
6
三味線で歌おう
11時〜12時
池島 圭子先生
7
 
 
 
8
 
 
 
9
 
 
 
12
 
13
かき方教室
10時30分〜12時
植畑 ルミ子先生
 
14
 
 
 
15
歌いましょう!
10時〜12時
内田 順子先生
16
 
 
 
19
 
 
20
なでしこ
春まつり
10時〜12時
 
 
21
 
 
 
22
絵手紙教室
10時〜12時
藤元博昭先生
23
 
 
 
 
26
 
 
27
かき方教室
10時30分〜12時
植畑 ルミ子先生
 
28
 
 
 
 
29
お花見に
行きましょう
 
 
30
 
 
 
趣味を楽しむのトピックス
らくらく広場通信3月

後見制度支援信託が2月から取扱開始

 認知症高齢者や精神障がいまたは知的障がいの方や、親権者などのいない未成年の子どもに対して家庭裁判所より後見人が選任されます。
しかしながら後見人が不正を働き、高齢者や障がい者の為ではなくお金を使う事や、子どもが成長してゆくための資金に手をつけて、使ってしまうという事件も時に報道されていました。

そのような危険性から被後見人の方の利益を守るために、2月より、信託制度を取り入れた支援の仕組みが生まれました。

後見制度支援信託のしくみ

家庭裁判所が、必要に応じて後見人に制度を紹介。
家裁の指示に基づき信託銀行が財産を管理します。
管理を引き受ける額は、みずほ信託が1円から受け付ける一方、
三菱UFJ信託は、3000万円以上と違いがあります。
りそな銀行は、5,000円住友信託と中央三井信託は1000万円から利用可能です。一番合った銀行を選びます。

 月々の生活費は例えば15万円と決めて、毎月1日に後見人の口座に振り込んでもらい、それを元に支払いなどをおこなう。
病気になって入院費がいるとか、電気製品が壊れた、衣替えで季節の洋服や寝具代などまとまったお金が必要など…という時には、家庭裁判所に申し出て審査してもらい、裁判所が必要と判断した時には、指示所が出され、信託銀行からその金額が使っている銀行に振り込まれるという制度です。

後見には身上監護と財産管理という2面があります。
その方にあった暮らしぶりを実現するために、裁判所に1年に1回報告をあげるだけの従来のやり方では、ちょっと心配といった方には、信託を利用した新しい制度もご検討ください。


春まつり

昨年は“なでしこ開設5周年記念”の春まつりでした。
こんな楽しいものなら毎年やらなきゃ!というわけで今年もやっぱりやります。 春まつりみんなあつまれー!

ピアノ演奏・なでしこ歌合戦・ビンゴゲーム大会 らくらくでは麻雀大会も開催します! その他の楽しい企画が盛りだくさん。 子どもたちも全員集合!

★もつ鍋 200円
★焼き鳥 200円
★炊き込みご飯 200円  他にもいろいろ

お花見

“さくらの語源”

★語源1
「咲く」に複数を意味する「ら」を加えて「さくら」と呼んでいたと言われる説。
★語源2
春に里にやってくる穀物の霊「さ」の神が、憑依(ひょうい)する「座」である「くら」をつけて一つの意味とした説。 桜の開花が農作業の目安となっていたことが分かります。
★語源3
「古事記」に登場する「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」の「さくや」が変化して「さくら」になったという説。



第6回ふきのとうまつり

このページのTOPへ